キャッシングするには連帯保証人が必要なの?

キャッシングするには連帯保証人が必要なの?

キャッシングするには連帯保証人が必要ありません。お金を借りるというと保証人・連帯保証人を用意する必要があるケースもありますが、キャッシングに関してはその限りではありません。保証人・連帯保証人になってくれる人にアテが無い人にとってキャッシングは借りやすい金融ですが、『その代わり金利が高いというデメリット』もあります。

 

これはキャッシングに限らず土地や家屋などを担保にしない、無担保ローンに共通している傾向です。

 

一般的には土地を購入したときや家屋を建てるときにローンを組む人がほとんどだと尾見ます。住宅ローンなどで少しずつ支払っていくとき、途中で投げ出されては困りますから、借りた本人がお金を返済できない状況になった場合に備えてお金を貸している会社は保証人を要求します。

 

もし本当に借りた本人が支払いできなくなったときは、この保証人が代わりに支払う必要があります。キャッシングするには連帯保証人がいりませんので、こうしたトラブルに身内や親しい友人を巻き込んでしまう可能性はありません。

 

キャッシングするには連帯保証人は必要ありませんが、できるだけ早く返済するようにしましょう。