カードローンの仕組みは 

カードローンは運営会社の審査を受け発行されます。普通の融資と大きく違う所は繰り返しの利用が可能である事です。例えば、銀行で車のローンを組んだとしましょう。100万円を借りて毎月2万円を50回払いにすると毎月の支払額は2万円+利息となり50ケ月後には確実に返済が終了します。これは、返済することしかできないルールだからなのです。

 

一方のカードローンは利息は当然発生していますが分かりやすく説明する為に利息を含めずに説明すると、100万円を借りて毎月2万円を一年返済すると残額が76万円になります。するとこの時点では24万円を追加借り入れできるのです。

 

先の銀行ローンであれば別の融資として改めて申込みし審査をうけなければなりませんがカードローンは上限額を超えない限り何度でも繰り返し融資が簡単に行われるのです。

 

そして、毎月の返済が行われていると限度枠の増額というオファーがきます。何かと便利なのでついつい増額をしてしまい何時の間にか数百万の限度額となってしまう事も珍しくはありません。確かに、クレジットカードのキャッシングより利息が安かったり申込みの簡易さから利用しがちなののですが使い方を間違えると大変な事となります。自分で管理して正しく使って行きたいものです。

関連ページ

消費者金融の特徴とは?
消費者金融の特徴にはどんな特徴があるのでしょうか?消費者金融をうまく利用して行くことが今後のことを考えるとすごく重要になってきます。
即日融資を受ける前に
即日融資を受ける前に知っておきたいことがあります。これを知っておく即日融資がしやすくなったりするので確認しておきましょう!
カードローンとフリーローンの違いとは?
カードローンとフリーローンの違いにはどのような違いがあるのでしょうか?この違いを理解してローンの利用することがポイントになります!
クレジットカードでの借入金利はどのくらい?
ネットショッピングはクレカがお得
クレジットカードの利用停止って?