融資をうけるときに他社の借り入れをしている場合でも大丈夫?

融資をうけるときに他社の借り入れをしている場合でも大丈夫?

他の会社で借入をしているものの、それだけでは足りずに他社でも融資を受けたいという人は意外に多いそうです。もし、消費者金融や信販系の「貸金業者」から借入を行っている場合、年収の三分の一以上の借入はできませんので、他社での借り入れ総額がこの年収の三分の一以下で、新たに借入を使用と思っている業者で受ける融資額との合計でも三分の一以下であれば借り入れが出来る場合があります。

 

これは総量規制といって、貸金業法の改正によってすべての貸金業者からの融資額は年収の三分の一以下でなければならないためです。しかし、銀行はこの貸金業法の規制を受けてはいませんので、銀行での借り入れについては総量規制の対象にはなりません。

 

仮に銀行で他社の借入をしている場合でも融資が可能であれば、融資の申し込みを行い審査を行ってもらえると思います。しかし、銀行の審査は信販系や消費者金融に比べてシビアになっている場合が多いので、他社での借入実績によって融資を断れれることはあるようです。

 

どちらにせよ、複数の金融業者での借り入れは多重債務に陥りやすいので気を付けて行う必要があります。

関連ページ

来店しないとキャッシングできないの?
来店しないとキャッシングできないのでしょうか?キャッシングを利用するときには窓口以外ではできないのか?
休日や時間外にキャッシングできますか?
休日や時間外にキャッシングできるのでしょうか?お金が必要になるのは平日だけということはないので実際には休日や時間外の利用は可能なのか?